<< スタバデビュー     始まりはいつも突然なのだ >>